エロイプでの失敗なんて気にしてはいけない

僕は述べ15人ぐらいの女性とエロイプを通じて出会うことができました。
もちろん、リアルの方でもセックスをしましたし、半年以上関係を続けている女性もいます。
こう聞くと、何だかエロイプの達人のように思えるかもしれませんが、決してそんなことはありません。
なぜなら、これまで僕は数え切れないほどの失敗をしてしますし、成功率そのものは決して高くはないのです。
女性にアプローチしてもきっぱり断られてしまったり、中にはブチ切れされて罵声を浴びせられたこともありました。
それでも僕は、気持ちを切り替えて挑戦し続けたことによって、これだけの女性と知り合うことができたわけです。
エロイプでの失敗なんて気にしてはいけませんし、落ち込む必要も一切ないのです。
それよりも、次のチャンスを逃さないことに意識を集中させるべきですし、それがこのような素晴らしい結果を生み出すのです。
エロイプだけに限らず、1回1回のミスや失敗を気にしても仕方がないですし、そこで立ち止まってはいけないのです。

潮吹く姿と射精する姿を見せ合っています

僕はとっても可愛い女の子とエロイプをよくやるのですが、お互いにイク姿をしっかりと見せ合っています。
彼女はイク時にいつも潮を吹くので、そのシーンをじっくりと眺めさせてもらっています。
一方で僕は、かなり勢いよく射精するのが得意でもあるので、その姿を女の子に見てもらっているわけです。
こうやって、お互いのフィニッシュをしっかりと目に焼きつけることで、興奮状態をよりアップさせることができるのです。
女の子の潮吹きは、噴水のように飛び出るほどではありませんが、それでも1回で結構な量を吹きます。
そのため、ベッドのシーツはかなりビショビショになりますし、ちょっとした水たまりもできています。
一方で僕の射精は、1メートルを超えるほど勢いよく飛びまくるので、部屋の壁まで達することもあります。
それを見て女の子は、「凄い飛んだね」と言ってくれるので、それを聞いて僕も大満足です。
ちなみに、これはエロイプだからこそできることで、普通のオナニーや風俗へ行った時にはここまで激しく飛びません。